本文へスキップ

Get over the wall ---我が学び舎 歴史文化学際研究センター

電話でのお問い合わせはTEL.03-1234-0000

〒163-0000 東京都○○区○○○1-2-3

研究活動entrance

研究活動(準備中) 第1回研究会 第2回研究会 第3回研究会 第1回研究会 2012年5月開催予定 内容は,………。 第2回研究会 2012年8月開催予定 内容は,………。 第3回研究会 2012年11月開催予定 内容は,………。

ニューズレター
#tabbox{{ * (一)読後感 準備中 * (二)刊行物 準備中 }}


日々雑感

** アリストテレスの自然哲学の特徴(前)[#ubed7fe7] アリストテレスの『自然学』の原典講読の収録を数回分終え、学術誌”’International Journal of Science in Society”’から拙論文“Aristotle’s Natural Philosophy: A Contrast with Early Greek and Modern Science”(「アリストテレスの自然哲学:ギリシア初期及び近代科学との比較を通じて」)が刊行されたのを機に、アリストテレスの自然哲学についてその特徴を簡単に素描しておきたい。この論文については、その要旨を改めて「主な研究」のコーナーに掲載する予定なので、ここでは論文調ではなくやや雑感風に、アリストテレスの自然哲学の特徴を二つの論点に絞って新たに書き下ろしてみる。原典講読においては、古典を読むということ、それ自体に意味があるのであって必ずしもそこに現代的意義を求める必要はないと私は考えるが、このアリストテレスの『自然学』に限って言えば、今これを読むことの意味も失われていないように思われる。 アリストテレスの自然哲学の第一の特徴は、形相因と目的因の重視である。アリストテレスは、原因には質料因、作出因、形相因、目的因という四つの意味があるとし、いわゆる四原因説を唱えた。この四原因説は『自然学』(194b24-35)のみならず『形而上学』(983a24-32, 1013a24-35)にも出てくる、アリストテレスの自然哲学を語る上で重要な区別である。例えば、青銅の像ということに関して言えば、質料因は像が作られている素材、青銅であり、作出因は像を産出したもの、彫刻家であり、形相因は像の何たるか、競技選手であり、目的因は像がそのために作られたところの目的、オリンピア競技会勝者の祝福といった具合である。この四原因説に即して言えば、今日の自然科学には、それが拠って立つ基盤はまさに質料因と作出因だという暗黙の合意がある。逆に言えば、形相因とか目的因というようなものを持ち込んだとき、それはもはや科学とは言えなくなるということである。しかし、アリストテレスは原因のうちに四原因すべてを含め、そのことによって自然哲学というものが考えられている。つまり、アリストテレスによれば、質料因と作出因だけでは世界の記述は不完全にとどまるのであって、それら四原因の解明を通じてこそ世界の完全な記述が与えられると考えられているのである。 現代の自然科学というのは形相因とか目的因というものはできる限り排除していく過程で成り立ったそういう性格をもったものであるから、こういう発想はそもそも現代の自然科学にはないし、反科学的として斥けられるきらいがある。しかし、やはり、世界の記述においては四原因すべてが総体として捉えられなければならず、形相因や目的因を排除するならば世界の記述は不完全にとどまるのだという認識こそ、アリストテレスの自然哲学から得られる重要な教訓であると言えよう。そういう意味では、アリストテレスの自然哲学はなおその今日的意義を有しているとも言えるのである。(続) ** アリストテレスの自然哲学の特徴(後)[#ubed7fe7] アリストテレスの自然哲学のもう一つの特徴は、運動というものをそのものがもっている本性によって説明しようとすることである。これも今日の学の趨勢に逆行する考え方で、今日の学には、自然科学、人文・社会科学を問わず、そのものがもっている本性とか本質とかそういうものを忌避し、すべてをそのものが置かれている環境によって説明しようという傾向がある。つまり、ものそのものが何かそのうちに本性とか本質をもっているというわけではなくて、そのものの性質はそれが置かれている環境によって決定されるという考え方である。例えば、倫理学というのもそういうところで成り立っているわけで、ものの善悪ということに関してもそれはものが持っている性質ではなくて、我々の側からものに付与する価値であるという考え方である。成程、そのように考えても、我々に共通する人間本性なるものを想定することによって必ずしも主観主義には陥らない、それがヒュームの哲学から得られた教訓であった。 とは言え、すべての性質がそのものから奪い取られ、周りの場によって構成されるという考え方はいかがなものであろうか。やはり、性質のうちには、そのものが本性的に持っている性質、そのものに本来的に備わっている性質というものもあるのではないかと考えられる。アリストテレスは、ものが偶有的に持つ性質からものが本性的に持つ性質を分け、ギリシア語で言えば、前者はκατὰ συμβεβηκός、後者はκατὰ φύσιν, κατὰ οὐσίαν, καθ᾽αὐτός等々いろいろな言い方がなされているが(190b17, 193a1, 196b20, 224b20等参照)、ものが本性的にもっている性質というものを考えている。これは後にロックの第一性質と第二性質の区別にもつながる重要な区別である。 アリストテレスは「上」と「下」に絶対的な区別を立てる。アリストテレスによれば、「重い」物体は本性上「下へ」、「軽い」物体は本性上「上へ」動く。即ち、最も重い元素は宇宙の中心に集まり、最も軽い元素は宇宙の中心から最も遠いところにある。各々の元素は「本来の場所」をもっていて、土のすぐ上に水が、次に空気が、そして火が中心から最も遠く、天空に最も近い場所にある。アリストテレスが、原子が真空中を無目的に動き回るという原子論的な世界観に反対し真空を否定したのも、運動はものの本性によるものであり、均質的な空間においては運動もないであろうと考えたからである。こういう思想が実体形相説という形になって結実するわけで、要するに物の中に本質があるという考え方、その意味でアリストテレスの本質主義、そしてそういうものをもとにして物体の運動とか静止とかそういうものを考えているのである。このような考え方が現代科学に照らして様々な問題を孕んでいるとしても、この点でもまたアリストテレスの自然哲学は我々に重要な示唆を与えてくれるものであると言えよう。 以上総括すると、一つには形相因とか目的因とか、そういうものを含めてはじめて世界の記述が完全なものになるという考え方、それからもう一つは、もののうちには本性や本質があり、それによって運動や静止が説明されるという考え方、これらの考え方が、現代の自然科学とは区別される、アリストテレスの自然哲学の特徴をよく表していると言えよう。(終)


フォーラム

学際的研究とは何か

学際的研究とは、単独の学問分野では解決が困難な研究領域に対して、二つ以上の学問分野を統合して学問横断的に進めて行く研究のことである。

しかし、学際的研究には、厳密な定義は存在していない。

一つの目的と関心のもとに、多くの隣接する学問領域が協業して研究することを学際的研究という場合もある。

学際研究にはどのような事例があるか

学際的研究の例としては、以下のような研究課題がある。

地球温暖化
食糧・資源の枯渇
生物多様性の保護
宇宙開発
いずれも、これまで専門化および細分化してきた単一の分野では、対処できないような大きな社会課題である。

このような課題を解決するために、各専門分野が協力して研究を行うようになってきている。

学際的研究が注目される背景は何か

学際的研究が注目される理由は、学際的研究でしか解決できない社会課題が顕在化しているからである。
現在、顕在化している社会課題は、単一の学問分野での解決が難しく、学問横断的に知識を結集して解決に当たることが必要不可欠である。

たとえば、地球温暖化という大きな問題を解決するためには、気候学のほかに、情報システム学や人口統計学などの知識を組み合わせることが必要になってくる。

また、伝統的な研究分野が、ある程度成熟してきたことも、学際的研究が注目を集める理由の1つとも言える。

たとえば、脳科学、神経科学、神経心理学、情報科学、言語学、人工知能、計算機科学などの分野が、ある程度成熟しているのに対して、これらの分野の学際領域である認知科学は、これから発展していく可能性のある先端分野として大きな注目を集めている。

学際的研究にはどのような類型があるか
学際的研究には,異分野連携と異分野融合がある

異分野連携とは、多数の分野がそれぞれの範疇において共通の目標を達成しようとすることである。

それに対して、異分野融合とは、個々人の内面的な成長のことで、他の分野と対話し、自分と異なる研究観、世界観と触れることで、自身の専門分野の囚われから解放し、同時に新たに自身の専門観を再構築することを意味する。

現在、顕在化している社会課題を解決するためには、異分野連携と異分野融合の両方の側面が必要になるであろう。

学際的研究と類似の研究形態にはどのようなものがあるか
学際的研究と類似する研究形態として「複合領域研究」と「技術の借用」の2つを紹介する。

 複合領域研究
複合領域研究とは「研究を行うことで、関与した個々の学問分野への新たな知見・手法を発見する」ことを意味する。

ただし、新たな研究分野の開拓につながるというわけではないことが、複合領域研究の特徴になる。

複合領域研究の具体例としては、地理的観点を取り入れた考古学の研究などが挙げられる。

 技術の借用
技術の借用とは「ある学問分野における知見や研究手法を単に借用する」ことを意味する。

技術の借用の場合は、他分野との協力関係に該当しないことに注意する必要がある。

具体例として、物理学の研究手法(電子顕微鏡・X線を用いた結晶構造特定など)を生物学に適応した研究などが挙げらる。

「複合領域研究」、「技術の借用」と学際的研究の違い

複合領域研究や技術の借用に比べると、学際的研究はより広範囲に研究の恩恵を与えるものといえる。

学際的研究とは「研究を行うことで、関与した個々の学問分野への新たな知見・手法を発見するほか、新たな研究分野の開拓につながる」ことを意味するからである。

具体例として「超ひも理論」を、数学と物理学両方の知見を用いて構築しようとする研究などが挙げられる。

学際的研究をどう始めるか

学際的研究を始めるためには、まず「誰と研究を行うか」を考えることが必要である。

ここでは,他分野の研究者と出会うための3つの方法を述べる。

知り合いのつて・人脈を頼る

所属している研究室の教授に、どのような研究をしたいのか、そのためにはどのような分野を研究している人と協力すればよいのかなどを相談する。

あるいは、同じ研究室の先輩や、ほかの研究室の教授などに聞いてみるのもよい。

このように身近な人の人脈を頼ることで、他分野の研究者を紹介してもらえることがある。

論文を見て連絡をする
他分野の論文を読んで、著者に直接連絡をするのもよい。

実際に論文を読むことで、その研究者の研究スタイルなどを知ることができる。

いきなり学際的研究の提案をするのではなく、まずは話を聞いてみるとよい。

他分野の学会に足を運ぶ
実際に他分野の学会に足を運んでみると、インターネットで調べているときよりも、広い視野をもつことができる。

論文では伝わらないことが、実際に話を聞いてみるとよく分かる。

そこから、よりよいアイデアを得られるかもしれないし、他分野の研究者と意気投合するかもしれない。

学際的研究を行う際の注意点は何か

あらかじめ学際的研究のつまずきやすい点を理解しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができる。

お互いに専門外のことは分からないということを意識する
学際的研究を行う上で共同研究を行う相手とは専門分野が異なる場合がほとんどである。

自分の専門分野では当然のように知っている知識であっても相手にとっては知らない可能性もある。

研究が進むなかで、お互いの認識がずれてしまう可能性もあるため、学際的研究を成功させるためには、コミュニケーションが必要不可欠である。

学際的研究を行う際には、普段、同じ分野の研究者と研究しているとき以上に丁寧なコミュニケーションを心がける必要がある。

プロジェクトマネジメントが難しい
研究プロジェクトの期間が決まっている場合、期限までに研究を完成させるためには、プロジェクトマネジメントを行うことが求められる。

スケジュール管理、タスク管理をしっかりしておかなければ、想定外の事態に対応できない。

特に学際的研究の場合、専門分野によって研究の進め方やスケジュール設定が大きく異なるので注意が必要である。

共同研究を行う中では、定期的な進捗状況の報告を行う、といったルールをあらかじめ定めておくとよい。


アクセス

地図

国際歴史文化センター

〒163-0000 東京都○○区○○○1-2-3
TEL.03-1234-0000


電車の場合

○○線○○駅西口を出て、○○通りを北へ約5分。
※ここに詳しい案内文が入ります。ここに詳しい案内文が入ります。ここに詳しい案内文が入ります。

自動車の場合

○○インターチェンジから5km。
※駐車場10台
※ここに詳しい案内文が入ります。ここに詳しい案内文が入ります。ここに詳しい案内文が入ります。


 フォーラム

国際歴史文化センター

〒163-0000
東京都○○区○○○1-2-3
TEL.03-1234-0000
FAX.03-1234-0001